すこやかにのびやかに


本当の豊かさを求めて・・・ちいさな毎日の一歩をつづります
by sukoyaka-achu
プロフィールを見る
画像一覧

あけましておめでとうございます。そしてHPオープンしました。

f0214425_15542261.jpg


みなさんあけましておめでとうございます。
今年もぜひぜひよろしくお願いします。

ずーーーーっとご無沙汰でした。

今8か月の妊婦ちゃんでーす。

今度は自宅出産の予定です。
念願ってこともありますが、とにかく上2人を置いて1週間も私が入院したら
お世話する方が大変だってことが大きな理由です。
自宅なら最低でも私がいるので子供の精神状態は安定すると思うんです。

妊娠出産に伴い、新しくHPを作成しました。

『ススメ!女塾』

今後はこちらで更新して行きます。

最近女性の底力だったり、
本当の美しさだったり、
女性らしく自然体で生きるということにものすごく興味があります。

そのことについてまずは妊娠出産の角度から掘り下げてみようと思うのですが、
将来的にはいろんな年代、
いろんな女性とともに女っぷりを上げて行きたいと思っています。

落ち着いたら講座などを企画する予定です。

ぜひ遊びに来てください!
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2011-01-01 15:55 | 徒然日記

北軽井沢スイートグラス

先日体調不良のさなか、行ってきましたこちらのキャンプ場。

北軽井沢スイートグラス

このキャンプ場、最近日本一のキャンプ場として選ばれた人気キャンプ場です。
ここは宿泊施設が充実していて『次はあのロッジに泊まりたい』
と思わせるところが人気の一因だと思います。

テントの中で焚火ができちゃう外見もとってもきゃわいいインディアンティピ、
屋根がガラス張りでその名も『満点星屑キャビン』、
大人も子供に帰れる『ツリーハウス』、
大型トランポリン併設のキャビンなどもあります。

私たちはインディアンティピに泊まりたかったのですが、
6月の軽井沢の朝晩の冷え込みがどれほどのものか分からない、
寝袋持ってない、
希望日にティピは満室、
ってことでUSログキャビンに宿泊しました。
(きんぱくプランを使い2泊のうち1泊は半額となりました)

こちらはこのキャンプ場が出来たときに最初に作られた宿泊施設。
なんの飾り気もないけどシンプルで初心者ファミリーキャンパー向きです。
f0214425_153214.jpg

f0214425_1595711.jpg


デッキには薪ストーブがあります。
寒い時には暖が取れるし、上に鍋をのっけて調理もOK
写真ボケすぎ・・
f0214425_154827.jpg


キャンプ食事日記**

1日目
夜:ハッシュドビーフ、野菜やくだもの

2日目
朝:森のパンケーキやさん
キャンプ場で毎朝営業中。
作っている人はさかなクンみたいな人でした。(行った人は分かるはず!ふふふ)
なぜか彼は常にオーダーを間違えてしまうようで作り直し連発。
我が家もご多分に漏れず。
前後のお客さんもオーダー間違ってたみたいで(笑)
生地にヨーグルトが入っていてサッパリ&ふんわり。
帰ってからも真似して最近パンケーキ作ってます。
生クリーム&チョコがおいしい。
飲み物や果物だけカゴに入れて持って行き、ツリーハウスのそばで食べました。
f0214425_1591082.jpg
f0214425_1592270.jpg

f0214425_15225915.jpg


昼:軽井沢をドライブ
星野エリアのハルニレテラスのイタリアンを食べました。
ハルニレテラスにはレストランやジェラートやさん、
雑貨やさん、
セレクトショップ、
ギャラリー、
などあって楽しいところです。
f0214425_15125925.jpg


この時期新緑がやさしくピカピカ。
近くに綺麗な川が流れています。
f0214425_15241996.jpg


キャンプ場にお風呂がないので星野のトンボの湯へ。
お風呂がないところがこのキャンプ場の残念なところです。
外湯となると今回の場合大人1200円、子供700円と毎日かかっちゃいますからね・・
f0214425_1514344.jpg


キャンプ場に戻る途中、白糸の滝へ寄ろうとしたけれどキッズ二人ともバタンキューで寝てしまったので
断念。

夜:リブステーキ、スティック野菜やカットフルーツ多数(写真なし)
毎食作ってるそばから子どもたちやだんなはんがおなか空かしてるオーラ満載で、
テーブルに乗っけたとたんにガッツクみたいな。
写真なぞ撮ってるひまありませんでした。

キャンプの時の荷物ってなるべく減らしたいですよね。
ちょっとした工夫ですが、まな板でなく子供のテーブルマットを持って行きまな板に。
キャンプ用のまな板ってコンパクトサイズ過ぎて実際野菜など切ってると置く場所がなくなってしまうのです。
お皿は木のトレイにアルミホイルを巻いて代用。
このトレイは火起こしのうちわにもしました。(だんなが勢い余って割ってしまい無念にも薪へと化)
f0214425_15351316.jpg



夕方キャンプ場の2人乗り自転車をレンタルしキャンプ場を爆走。
無理やり4人で乗りました。
相当楽しかったです。
オススメ。
f0214425_15165080.jpg


キャンプ場奥にある『ジェロニモの滝』にまで行きました。
f0214425_1520098.jpg


このキャンプ場はアスレチックもあるので小学生くらいのお子さんだととーーっても楽しめると思います。

3日目:
朝 お決まりのホットドッグ
   今回は割に焦がし過ぎずに済みました。(前回は炭化)
f0214425_1537075.jpg


私が体調悪く予定していたことの半分も出来なかったけど、
綺麗な空気の中新緑に包まれ気分最高でした。

キャンプ場が軽井沢の中心からかなーり離れているところと
お風呂がないところが
あと一歩!と言いたいところでしたが素敵なキャンプ場であることは間違いありません。

子供が小学生くらいになってると一番楽しめそうです。

食事の準備から後片付けまでママが担当ってのがつらかったっす。
一人は(=パパ)が子供の相手だったんで。
早く子供たちだけでパーっとアスレチックでもジェロニモの滝でも遊びに行ってくれる年齢に
なってほしいと思いました。
そのころには食事の準備もばっちり手伝えるだろうし。

キャンプって楽しいんですけど準備(パッキング)と帰ってからの大量の洗濯と荷ほどきが
ほんっとに大変っす。
そのエネルギーがあるかないかがキャンパーになれるかなれぬかのバーダーラインかと。


しばらくはどこのキャンプ場もハイシーズンで料金もハイになってるのでお休みです。
次は9月かな。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-07-01 15:39 | 子供と一緒にどこ行こう

シフトチェンジ

こんにちは
おひさしぶりです。

というフレーズ、私は年に何回使うんだろう・・・

改めましておひさしぶりです。
またこうしてブログ更新できてうれしい限りです。

いやーこの1カ月ほどものすごい体調不良で瀕死の状態でした。

というとおおげさですが、
人生最長でひつこい風邪をひいていました。
PC立ち上げて・・っていう元気もなかったです。(立ち上げてたけど。ブログ更新までは至らず)

最初はのどがちょっと痛い・・くらいから始まったのです。
日々『明日には回復できる。大丈夫大丈夫。』
とたかをくくっていたのですが、
治るどころかどんどん悪くなるばかり。

私は一体何リットルの鼻水を出すのだろう。

えー汚くてごめんなさい。

自分でも突っ込みたくなるほどの鼻づまり。

それが喉にも来まして、
痰までタッグを組んでやって来ました。

そして咳のとどめ。

息を吸うたびに咳き込んでしまい人と話せない。

ゼロコミュニュケーション状態でした。

日々咳がひどくなり常に微熱がある状態。
夕方になると熱が上がり家事育児どころではありません。

『気管支炎じゃないか』

と心配になったり、

『大人の喘息を発症したかも』

と確信したり、

『結核かも。。だったら隔離だーーーどうするーーーー。
最近会った人たちにも検査してもらわなくてはいけない!!』

と一人肝を冷やしてました。

また最後のほうでは咳のし過ぎからかアバラ骨が痛くなり
骨折の疑いまで持っちゃって。
よくあるじゃないですか、咳してヒビ入るとか。
春先のかかと骨折の件(くだん)があるから笑えない私です。

だんなに話すと一笑されましたが。

本人は至って本気です。

病院に行って薬をもらっても一向に良くならない。

先生はのんびりしてて

『まー風邪から来たアレルギー性の咳だね。
結核?んなわけない。
アバラ骨痛いの?
あ、それはよくある筋肉痛だよ。』

ということでした。

でも本当に骨痛かったんです。
咳するたびに骨がずれてるか!?と思うくらい。
咳が出るのに、咳をしたいのに、咳しちゃいけない状況。

咳をするときは決死の覚悟でした。
左胸を押さえて上半身をかがめ、
『よし、咳をするぞ』
と言い聞かせながら決死の咳ダイブ。

咳した後はしばらく動けない。
家族みんな心配する。
申し訳ない、しかし動けない。

まさに病人でした。

先週後半くらいからやっと、やっとましになって。
先生が言っていた『結核でもなく骨折れてるわけでもなく、筋肉痛。』
ってことを受け入れることができた私です。

いやーーーこれほどつらく長い風邪ははじめてでした。
風邪くらいではめったに病院に行かないし、
西洋医学の新薬は妊娠~出産~授乳の日々だったのでここ5年くらいはほとんど飲んでません。
そんな私でしたがさすがに今回は、
『誰でもいい、なんでもいい、なんとかしてください』
とすがる思いでした。

これで自覚しました。
自分の体が中年に向かって行ってるってことを。
今年秋には37歳です。
りっぱな中年です。
いつまでも『昔取ったなんとやら』で自分の体力に過信はしていられません。

かかと骨折だって異常な症状でした。
ただのジョギングで骨折れるか普通?

体が悲鳴を上げてるんだと思います。
いつまでも馬車馬のように働かせていてはかわいそう。
ストライキ起こされたって文句は言えません。

40歳までに第三子!

なんて思ってましたがそれより自分の体を立て直さなくてはならないことを受け入れましょう。

免疫力上げて、体力つけて。

これからいっぱいいっぱいやりたいことがあるし、
それには長生きしなくてはいけないと思ってます。

そうするにはまずは健康な体!
美しく素敵なおばさまになりたいのです。
元気なおばあちゃんになりたいのです。

体が元気でないと心も元気ではいられません。

ということで免疫力UP、健康な体でいるためにシフトチェンジすることにしました。

まずは食生活。

菜食主義でもなく肉食主義でもなく、
いろんなものをバランスよく適量食べるっていう生活が一番かなと思ってます。

食は、
1においしく、
2にうつくしく&栄養
をモットーに日々行きたいものです。

かなーりマンネリ化してきている我が家の食卓。
子供たちもはっきりと美味しくなければ体によくても全然食べません。
だんなはんはなにも言わず食べますが食べ方に勢いがないときはよく分かる分かる。

家族みんなが楽しく美味しくご飯食べれて栄養もばっちりみたいな食卓を目指しませう!

今週のananを買いました。(おうちごはん特集)←単純な私

食は見た目が相当大事だと最近思いますがみなさんどうですか?


あーーー健康って幸せだ。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-06-25 23:48 | 美ママへの道

小松気療院 1回目

横森理香さんのエッセイで紹介されていた小松気療院へ行きました。

3月に疲労骨折したかかとを診てもらいたかったのと、
いろいろ気功に興味があったからと、
理香さんのオススメなら信頼できそうだなと思ったのと、
ミーハー気分もあります。
結構ミーハー野郎なんですあたし。

ご自宅兼医院とヒーラー養成学校が併設されてます。
到着するとすぐアシスタントの方が出てこられお茶をいれてくれました。

問診票に記入し軽く医院の方針の説明をアシスタントの方から受ける。

診察室にはリラックス系の音楽が流れており、
ミモザの(多分造花だと思う)鉢の前に先生のデスクがありました。

先生に症状を話し、足の長さチェックから始まりました。

私は足の長さが違い左のほうが短かい。
骨盤が左側内転、右側が外転しているとのこと。
そのため左足が骨盤に入っているような状態なので左が短いとのこと。

まずは骨盤のずれを施術してもらいました。
施術と言っても気功でのエネルギー治療なので痛くもかゆくもありません。
先生がパチパチパッチンとまるでポール牧のように指をならします。
わたしはそのたび座ったりうつぶせになったり仰向けになったりします。
直接触って施術するときも『なでこする』程度のものです。

骨折については、
通常ジョギング程度で骨折するとは考えにくく、
内的要因でしょうと。

『甘いもの好き?』
と聞かれ
『はい、かなり。』
と即答する私。

甘いものを取り過ぎると体内のカルシウムとくっついて排出されるため、
カルシウム分が不足するとのこと。
血中は常にカルシウム値は一定でなくてはいけないため
足りない分はどうしても骨から溶け出してしまうそう。

『全部やめろとは言わないからすこしずつ、今の半分でもやめれるようにね。ほーっほほほ。』

とニコニコしながらひょうひょうとした感じの先生(60代の男の先生です)。

『今回骨折で済んでよかったのよ。
もしもっと進行してから分かった場合カルシウムが血中に溶け出し過ぎて
結石が出来たとか、腎臓に症状が現れてたかも。
そうすると大事(おおごと)になってたよ。
よかったのよ。
これから甘いもの控えればいいんだもん。』

なるほど。そうだよね。
骨折程度、というのは当時の私はかなり痛かったのでつらかったが、
考えようによってはそうだよね。
もっと内臓に負担がかかり取り返しのつかないことになっていた可能性だってさにあらん。
ラッキーガールあつこ♪。

とは言え、生活態度を改めなくちゃね。
甘いものか・・・
少し減らしてみよう。
いきなりやめると絶対リバウンドタイプだからあたし。

といいながら帰りにはアメちゃんをおみやげにもらってしまいました。
待合室に置いてあって『持ってってくださいね。』と言って下さったので、
いやぁ断わりませんよ。おいしかったし。

施術初回の日は入浴禁止。
だんながはやくたまたま帰って来てくれたので助かった。

当日か翌日に好転反応が出るかもしれませんと言われてた。
そのとーり好転反応やって来ました。

ふくらはぎが左右ともダブルで痛い。
ぼーっとむくみぶよっとした感じ。
翌々日にはおさまってましたが。

骨盤を整えたせいか左右のバランスが良くなった気がする。
泳いでいるとクロールのときの軸の安定の仕方が尋常ではない。
いつもなら利き側とNOT利き側とでは自分でも体の動き方が違うと感じるのだが、
施術後はスイスイとつっかかりなくローリングして泳げる。

となりの結構なスイマーおばちゃん(あなどれない!)がどんどん後ろへ行ってしまう。
いつもならやっと抜かすくらいの存在なのに。

あと整体院で言われたのが、
今後の生活では
①寝ながら本を読んだりTVを見ない
②床に座るときは正座orあぐら、可もなく不可もなくはお母さん座り、NOTななめ座り
とのことでした。
骨盤がずれちゃうからみたいです。

自衛策としてなるべく足を組んだりはしない、
平泳ぎしない、
ようにもしてみました。
平泳ぎって相当骨盤ずれるみたいです。
こーすけ大丈夫か?!

帰りの電車で間違えて目黒線に乗ってしまい奥沢駅であわてて降りる。
奥沢って都内どんまんなかなのに無人駅なんですねー。知らなかった。

医院の待合室に横森理香さんのサインと先生とのツーショット写真がありました。
彼女の本もいっぱい置いてありました。

あともう一人タレントらしき人のサインがあって、
『山・・・』
となっていて、
『うーん山崎豊子?』
なんて思っていたのですがよくよく見たらなんと、

『山口智子』
ってなってました。

わーーー彼女も来ていたのか!!

聞いてみたら以前医院が中目黒にあったころに来ていたそう。
彼女も骨盤ずれちゃってたのかしら。
なんだか親近感♪

医院のトイレにはあの
『ウスシュマの明王様』
のお札が貼ってありました(理香さんのエッセイでもこの気療院でトイレの神様の呪文を教わったとあった)

もちろんトイレ後に呪文を唱えてみました。
あーあのお札ほしいな。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-19 14:07 | 美ママへの道

知り合いたい人はいっぱいいる

保育園の役員を今年引き受けることになりました。

どのママも子どもが在園している間で一度は役をやらなくてはならない原則があります。

去年は入ったばかりで右も左も分からない状態だったのでおとなしくしてました。



昨日本年度の総会と役員会と夜にはキックオフ飲み会がありました。

キッズ二人はだんなはんにお任せして久々に夜の街に繰り出したのでした。


あーーー久しぶり。
夜飲みに大手を振って堂々と行くってのはあかりの出産以来初めてだったと思います。


あーーー幸せっちゅうのはこういう瞬間でもあるな、と。
(そのために夕ご飯の支度やらいろいろ仕込みはしときましたよ、やっぱり。
そのあたりがだんなはんが気軽に飲みに行くのとは違いますがな)

ビールとカシスオレンジとマンゴーオレンジを飲みました!
foodもおいしかったし店員さんも感じよいし楽しかった。





いままで送迎のとき会って挨拶くらいしか交わさなかった人、
送迎の時間帯が違うためまったく会ったことがなかった人、
『違うクラスだから・・』と話をしたことがなかった人、

いろんな人との出会いがありました。

保育園ママってみんなワーキングマザーだからなにかしら自分の世界を持っていて、
才能があるしキャリアがあるしエネルギッシュだし。


外見からは見えてこないそれぞれの個性やライフスタイルが垣間見れて
刺激されたり勇気づけられたり。



全部のママとお話したかったくらいです。

この一年いろんなイベントがあるしいろんなママとつながりが持てることが
うれしい楽しい!

役員も楽しいじゃん
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-17 00:20 | 美ママへの道

コルシカの男たち

更新するときは複数更新です。




先日何気につけていたTV。

NHKの『世界自然遺産』みたいな番組だったと思います。

フランス領のコルシカ島が舞台でした。




そこに住む人たちは美しい自然と共に伝統的な生活スタイルを守っている、
頑固一徹的な男たちでした。





ながら見でさらに番組途中からだったので正確な内容ではないのですが、
見終わった後にもそれに出ていた一徹父さんたちの表情や言葉が私の中でリフレインしていました。



彼らは豊かに生きていた。


自分の手足を使って生きていた。


日々のちいさなことに猛烈に感動していた。



『ぶこつ』って言葉が似合いそうな一徹父さんが、
毎日崖の上から見える夕陽を見るたび、
その美しさに心から感動し涙さえ出そうだと言っていた。



不器用なまでに自分たちのライフスタイルを守り通す彼らの生き方は、
モノ・お金に代えられない本当の心の自由さを感じた。



生きて行く上でのものすごく大切なものを純粋に受け入れ謳歌していた。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-16 01:41 | Oneness

スピリチュアルに生きる

GWネタを日々更新しようと思いながら楽しいヴァケーションはあっちゅーまに過ぎゆき・・
結局更新できぬまま!!

今更になっちまったので、
軽くまとめると本当に充実野菜な日々でした。

・ロープウェイで岐阜城に登った
・岐阜の実家では毎日くらいモーニングを食べに行った
(¥350くらいのコーヒー料金でトーストやサラダやフルーツや茶わん蒸し!などがついてくる。ド派手な結婚式と並ぶ東海地方の文化です)
・温泉に行った
(当然のごとく子どもと一緒だとゆっくりは入れず次から次へといろんなお風呂に入らされた。あっスーパー銭湯なんで)
・潮干狩りした
(だんなの実家の目の前は海水浴場&潮干狩りSpot)
・夏ミカン狩りした
(だんなの実家の畑!自生の夏ミカンです。たくさん取って千葉に持ち帰り毎日2個くらいみんなで食べた)




そしてまた日常生活。




先日懇意にしているスピリチュアルカウンセラーさんに会いに行ってきました。
通い始めてはや7年かな?
結婚前からの私の動向を知ってるのでもはや細かいことを説明しなくてもあうんで理解してもらえるのです。

最近またスピリチュアルな生き方を追求しようとしている私。
ある意味『スピリチュアルに目覚めたな~』なんて自負していたのですが、
カウンセラーから一言。




『目に見えないものに思いを馳せすぎないように』




おっっと。ちょっと厳しい一言でした。

ともするとテッテケテッケテ~と突っ走りやすい私に待ったがかかった感じです。




『見えている現実を存分に生き抜きなさい』


とのメッセージをいただきました。




直後は

『・・・』

な気持ちだったのが正直なところですが
(せっかく目覚めたのにさ~って)

しばらくしてやっと理解できました。


もちろん目に見えないものを信じて生きるって大切なことだと思います。


ただ私たちは人間としてこの世に生まれたのはなぜか。
目に見えないもの、あの世は死後に戻って行く場所。
今別にそれをくわしく知らなくてもよい。
いづれ分かるし。

今目に見えないものが見えたとしてもあの世ではそれがあることは当たり前。
見えたからって別に偉くないよね。
見えるから特別ではないよね。



『スピリチュアルスピリチュアル~♪』
って心の中は見えないものばかり追っかけててぼーっとして歩いているより、


その瞬間、


たとえばベビーカーを抱えて階段を上っている人がいたら手を差し伸べる。


道にゴミが落ちていたら拾う。


家族にこころを込めておいしいご飯を作りみんなで笑い合って楽しく食べる。


目の前に咲く花を心から美しいと思う。





こっちの生き方のほうが断然スピリチュアルなことかもしれない。




現実をスピリチュアル的に生きる。

当面の課題となりそうです。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-16 01:26 | Oneness

GW帰省 ~伊勢神宮編~

GW2日目

今朝も4時起き。
5時20分伊勢に向け出発。

7時半 二見の夫婦岩に到着。

天気よく暖かく晴れ渡りおてんと様のありがたさに感謝する。

f0214425_23134262.jpg



実際夫婦岩は写真やTVで見るより小さかった。
とくに妻の岩が。
メディアってそういうものです。
一聞は一見にしかず、です。
本物は自分で見るしかない!

その妻の岩の小ささが夫の岩をより威厳があるように見せている。
『男を立て寄り添うようにしている妻』、
というメッセージを受け取りました。
今の私に必要なことかもしれませぬ。


神社でこいのぼりを買ってもらい風になびかせる二人。
f0214425_23205255.jpg



ここで花お守りというものを買いました。
なぜなら私の誕生月の11月の花、
『菊』の花ことばが
『高尚。清くけがれない』
だったから。

先日の縄文占いの、
『清らかな流れのように生きていきたい』
とシンクロしたからです。

ほんっとうれしいぜよ。
清らかに生きるぜよ。





バックパックでガイドブックを片手に歩いている外人さんの一人旅の人を見かける。
遠くはるばる日本に来て夫婦岩まで見に来てくれるとは、
『ぜひとも彼にこの旅がよいものになりますように』と思わずにはいられなかった。





その後伊勢神宮内宮へ。

8時半くらいに着いたので近くの駐車場に停めれてラッキーでした。
混んでくると遠くの場所に停めてシャトルバスでしか来れなくなってしまうのです。

宇治橋と大鳥居
f0214425_2325373.jpg


五十鈴川。
清流で持参した水晶とパワーストーンブレスを洗い清めさせていただきました。
町中を流れる川なのに水がとてもきれい。
f0214425_23253696.jpg


天気がすばらしく良かったです。
f0214425_23255526.jpg




正宮へ参拝。
石段を上がって行き正面に立つと頭の後ろから鳥肌が立ちました。
のれんというか白い布がかかっているのですが、
参拝するときにちょうど風が吹きふわーとそれが舞い上がり私も舞い上がりました(笑)
歓迎してもらえたような気がして。

こちらに来ると皆厳かな気持ちになると思います。
〇〇してほしい、
〇〇になったらいいな、
あれがほしーこれがほしー、

とかそういう煩悩ではなく宇宙の大きさとありがたさを感じぜずにはいられない場所でした。

こちらは当然写真撮影不可。





木々が大きくて太くてパワーを感じました。
いっぱいいっぱい触ってきました。







神々しいご神馬(しんば)
f0214425_2327718.jpg


人を全然怖がらないご神鶏(しんけい)
f0214425_23273798.jpg


のびのび泳ぐ鯉 ご神魚というのかな?
f0214425_2328632.jpg


おはらい横町。
午前中は空いてます。
午後になるとすんごい人でした。
お店に入って出て来ると自分が右から来たのか左から来たのか分らなくなってしまう。
多分子供も迷子になる。
買いたいものも買えなくなるくらいの人です。
ぜひ午前中早めに参拝を済ませランチも早めに!
f0214425_2326249.jpg


てこね寿司を食べました。
おいしい。
子供たちにも大HIT。
これは3色セットで1500円。
f0214425_23295730.jpg


数年前いろいろ話題になった赤福本店。
赤福はいつ食べてもおいしい。
f0214425_2330217.jpg


結構若いおねえちゃんが作ってます。
銀行の窓口担当と同じくこのスペースに入れるのは若い女の子に限られてるのかもしれません。
でも赤福は別に若くてきれいな人が製造してなくても年季の入ったおばちゃんでも十分おいしく食べれそうでしたけど(笑)
そういえば給仕の人もみんな若い感じのよいおねーちゃんでした。
表に見えるひとたちは若い女の子、っていう方針なのかもしれないですね。
f0214425_233036100.jpg


こちらの釜で沸かしたあつあつのおいしいお茶がセット。
f0214425_2331092.jpg


1皿3つ赤福がついて280円。
f0214425_23311938.jpg


自分用のおみやげに盛り塩セット購入。
f0214425_23541152.jpg


そしてアメジスト(直観をサポート)する火打石も購入。
f0214425_23315477.jpg





伊勢に行く道中『1111』とかぞろ目のナンバーをよく見ました。

ツイてるツイてる!

『9999』は同時に2台見た。




帰る時はるがアクシデントにより八重歯の部分を強打し欠けてしまいました。

その時はかな~りショックで(親も本人も)オロオロしてしまった。

だんなはんは『お伊勢さんに参拝したのにこんなことが起こって…』

なんて言っていたけど最近の私の『いいことに目を向けて感謝する』

ということに影響されたか、

『本当だったら前歯くらい折っちゃってたかもしれないけど軽く済んだって思うべき?!
お伊勢さんにお参りしたから。』

なんて冗談交じりだけど半分本当にそんなことを思えるようになっててこちらがびつくりしました。




念願のお伊勢様に参拝できたことに感謝感謝です!

早朝から長距離なのに快く連れて行ってくれた両親、
一緒に行ってくれただんなはん&子供たちに感謝です。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-01 23:32 | 子供と一緒にどこ行こう

GW帰省 ~分杭峠編~

GWはじまりました。
みなさんどのよーにお過ごしですか。

我が家は実家周遊コースです。

1日目

渋滞を避けるため、朝4時出発目標だす。

前夜はみんなで9時に就寝し、
あたいは2時過ぎに目が覚めました。

旅行やお出かけの前には部屋をクリーンにして出かけたいという性分。
洗濯をし浴室乾燥機をかける。
食器はもちろんきれーに洗ってシンクもピカピカに。
部屋はざっと掃除しておく。
花や観葉植物にもお水をたっぷりとあげる。

これだけでも帰った時の気分がおーきく違うのです。

そして大天使ミカエルに留守中の安全を守ってもらうためにお祈り。


・・・はい、今日もみなさん引きましたねー(笑)



で、20分押しで出発。

首都高スイスイでした。
大手町まで20分で行けちゃう。
東京のど真ん中にも近い千葉…あなどれないね!

長野に入り雨が降り始める・・・

今回は私の実家(岐阜)に行く途中に最近パワースポットで人気爆発の
分杭峠(ぶんぐいとうげ)に寄って行く算段。
ここで湧水を汲もうと意気揚々と数週間前から空のペットボトルを集めてました。

しかーし雨足は強くなる一方。

細い山道を登りやっとのことで到着。

が、駐車禁止。

このあたりは幅員が狭いので路駐不可。
7キロふもとのシャトルバス乗り換えポイントでマイカーは駐車してくださいとのこと。

そこに行ってはみたのですが雨がすごい。
傘を持ってこなかった用意のよい我が家。
天気予報も全く見てなかったあたい。

子連れでシャトルバスに乗り傘もなく雨の中を水を汲んだペットボトルを持って帰ってこれるのか。。。
湧水が汲めるのも少し山の中を入って行かねばならず。

はい無理ですね。
あきらめました。

うまく行くものは黙っていてもうまく行くし、
やめたほうがいいときはいろいろ阻止される条件が重なるものです。

「今は行く時期じゃないんだなきっと」

と思いまた別の機会にすることにしました。
このエリアは実家に帰る時通過するポイントなので今後もチャンスありありなんす!



近くの道の駅『南アルプス村』へ。
ここのクロワッサンがおいしいそうなので。
そしてここなら汲めなかった湧水が売ってたらよいな、と期待して行きました。

途中、はるがゲロゲロ~。
最近長距離を走るとすぐゲロゲロカエルになるはるくん。
今回もご多聞にもれずやっぱり。

私の服もゲロリンコ。

そしてあかりんごはオマルでう〇ち。
ぐったりはるを抱っこしながら私はゲボ服で、
オマルからあかりが落ちないように片手で支える。

かな~りきびしー状態です。

だんなは山道ドライブでお疲れモード。

道の駅もだいたいでしか場所分からずなのでドライバーのだんなはんイライラ。

あたいもどーにもできんっ。よゆーなしだす。

いきなりピンチです。


そんなやばモードでしたが道の駅に無事到着。

服を着替えたらさっぱりしていきなり気分がよくなるあたし。


みんなで仲良くお買いもの。

分杭峠の水もgetしたしクロワッサンも食べたし。
(後日談:このお水を飲むとやたらトイレが近くなりました。
私にとってデトックス効果が高いようです)



その後は私が高速運転しました。

運転してて思ったのが、

自分でdriveするとBGMも私の好きなMDかけれるしゴキゲンです。
(今回は古内東子。ジョージウインストンとかウォンウィンツァンとか溝口馨とかヒーリング&クラッシックが好きです。
運転しないときはいつも大概子供用の歌とか、だんなはんはTVにしてる)

自分でハンドル握ってアクセルブレーキもコントロールしてるのって楽しい。

小雨が降っていたのでワイパーで視界を保つ。
遅い車がいたら抜かす。
追い越し車線であおられたら潔く道を譲る。

疲れたらパーキングに停めてソフトクリームなんぞ食べれると思うとワクワク。

自分のペースで、自分が心地よいと思えるdrive。

無理に前の車に付いていくことはないし、
すべてをコントロールできるんだ、って思うと楽しい。

これって生き方の舵取りと同じでない?


ワイパーで視界クリアして思ったのが、

江原さんがよく言う

『曇った目で見てはいけない』

ことに通じる。

前が見えなくなったらワイパーで視界をクリアにすればよし。

そうすれば自ずから進むべき道は見えてくるもの。



で、お昼すぎに実家に到着。

今回のおみやげは、
ナチュラルハウスの『おばあちゃんのうの花あげ カリカリかりんとう』
(めちゃおいしい。毎回定番のおみやげです。天然塩味が一番おいしい。老若男女にウケます)
分杭峠のお水。
(高血圧の父に効果があればいいな・・・)
一保堂のくきほうじ茶
(同じほうじ茶でもくきほうじ茶は風味最高です)
あともろもろ断捨離して我が家では不要となったけど実家では重宝してもらえるものも
持って行きました。
f0214425_23341888.jpg


午後はいちご狩り。

品種はあき姫。
大粒でおいしかったー。
f0214425_22484182.jpg


摘むのが楽しくて子供は摘んでばかりでどんどん大人の口へ入れてくれます。
f0214425_22492728.jpg


下をくぐって逃走しまくるはるくん。
f0214425_225078.jpg




湧水を汲みたい気持ちが通じたのか、
地元では有名な近くのお不動さんの山道に湧水を汲みに行けました。
いつもなら混んでいて待たなくてはいけないのに、
誰もいなくてすぐ汲めました!

神様ありがとう!!

f0214425_22583555.jpg

[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-05-01 21:57 | 子供と一緒にどこ行こう

生活を自分の基に戻す

金子由紀子さんの「買わない習慣」だったかな、
を読んで感じたこと

この本には今あるものをきちんと使う、
工夫して使う、
なるべく買わない、
「無買日」にチャレンジする、
リユースする。

などいろいろと「買わないで」生活することのHOW TOが載っているのですが、

「シンプルにあるものを大切に使うのは分かるけどあまりにケチケチーズになるのもなぁ」

と感じていたときにあった言葉。






『生活を自分の基に戻す』
(手元に本がないので正確な表現はこうだったかは定かではないですが)





ということに
『おぉぉ!』





と腑に落ちました。




なんでも
『買えばいい』
『他人が作って運んで売ってるものを手軽に買う』
のではなく、




『実は自分たちで十分できることを気軽に他人の手に任せてしまってはいないか』




という問いかけにググっと来ました。





たとえば、

味噌なども手作りできるし、
おやつも粉と牛乳があればなんかできる。

気軽なプランター菜園すれば農薬とか遺伝子とか避けることもできるし、

シャンプーやせっけんや化粧水だって手作りできるし。

夕食後TV見てくつろぐのもよいけど、
こどもと一緒に童心に還って工作とかだって楽しかったり。

子どもを連れてテーマパークにお出かけしてハリボテを見せるのではなく、
お弁当を作って(子どもと一緒につくればなお楽し)近くの公園にピクニックでもじゅーぶん楽しいわけですよね。

なんかいろいろもっとあるんですけど今ぽっぽっとでてこないもどかしさ。



分かっていただける人には分かっていただけると思います。


Come Back my Life
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-22 13:15 | 良妻賢母

自分が一番分かっている

如月マヤさんの縄文占いを受けました。


彼女の本を読んで、
HITするものがあり、
アカシックレコードにアクセスしたいと思っていました。

前はセミナーをやられていたようですが、
今は電話のみです。
それも縄文占い。
縄文って・・・なんだろう。


私が信頼をしているスピ系の人たちのブログでも、
「彼女はすごい。すべて見えてる。江原さん並」

という情報が偶然にも入ってきてたのでまたここでもシンクロ現象。
こりゃーやるっきゃないね、と。



サイトにあるようにメールしたら
電話していい日にちと時間が送られて来ました。



料金の振り込みの関係で名前を最初に言うのだけど、
それ以外の情報はこちらからは特に伝えることなく、
聞きたいことを質問。



質問の答えがすぐ返ってくるし、
マヤさんの話し方がとても聡明でいろんなことを見通している方だ、と感じました。


いくつか質問したのですが、
私の今疑問に思っていることは



「私が一番分かっているよね」



というのがハイヤーセルフからの答えでした。


そしてどのように今世を生きたいと思っているかは、


「清らかな流れのように生きて行きたい」


というものでした。

この言葉を聞いたとき心がものすごくうれしくなりました。




そうなんです。
素直にまっすぐに生きて行きたいのです私。


なんだかんだ言っても自分の人生。

自分が進むべき、
進みたい方向に、

自分で切り開いて行くべし。

それが人生。

それが今世、
この世に生を受けて今こうして生きてるわけでしょ。と。





せいいっぱい、
ひたすら前向きに、
自分らしく、



清らかに、
のびやかに、
すこやかに。



私は生きていくぞ、と!
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-17 00:35 | Oneness

横森理香さんに会った!

妊婦中に読んだ横森理香さんの「横森理香のおしゃれマタニティ」シリーズが大好きで大好きで。
彼女のPOPな表現と洞察力がかな~りツボに入りファンでした。

おしゃれ~シリーズは妊婦~出産~産後~子育てとシリーズ化し全部持ってます。

そんな彼女の別の本を最近断捨離中に本棚から見つけふと読み始めまた横森ワールドにはまりました。

で、いろいろ読んでてなんとなく、

「いつか理香さんに会える気がする」

とまた妄想モードに入ったわたしです。
(最近のトイレの神様とかなんかは理香さんの本から知った。
愛しの筋腫ちゃん・愛しの筋腫ちゃんPartⅡはスピ系もとても分かりやすく情報満載でございます。
彼女のお勧めする気功院にも来週行きます。
骨折したところ見てもらおうと思ってて)






で。





会ってきましたー!




彼女のHPを見てたら「Secret Lotus」という
ベリーダンス・ヨガ・手相・マヤ暦など勉強会など
いろんなイベンツをゴージャス&オシャレに企画されてるのです。





早速行きました。
ベリーダンスはやってみたかったので、
「おし、これだ」
と予約。





渋谷駅から迷っちまいました。いきなり。
セルリアンタワーを目指すはずがクロノスタワーを目指しちゃって、
気が付いたら青学の高校あたりに居て、
ちょっと大通りに目をやると青山の子どもの城ではなかですか。
(教室の場所と真逆にいた)




あちゃーーーやっちまったなーーーー。
ということで時間はレッスン開始時間になってました。




「もう今日は無理だわさ」
と思って電話しました。

そしたら理香さんが出て道を説明してくれて、

「まだみんな着替えてるし待ってるわ」

と言ってくれたので
ものすごい頑張って行きました。
自主ウォーミングアップ完了。
それでもかなーり迷ったけど。

もう一名同じように遅刻された方がいたのでレッスンスタートを待っていてくれました。
ありがとうございます。




理香さんは想像より小柄の方でしたが
パワフルそのもの。
パワースポットのような方でした。



えーっとベリーダンスの先生は・・・
と思ったら理香さんが先生でした!!


呼吸の仕方などがとてもお上手で分かりやすく、
理香さんはほとんど目をつぶって自分の中に入ってる感じなので
こちらも恥ずかしさもなく(ベリーダンスのポージングなどは初心者には難しい)
感じるままに気軽にできました。



ベリーダンスってヨガのようにかなりのストレッチ効果があるし、
ヨガよりも優雅で女性らしく、
気功のように呼吸法もあるし、
なにしろ天や地や海にささげるようなダンスというのが神聖で心に訴えるものがあってとても気持ち良い!!

理香さんはベリーダンスの合宿を伊豆の海でやるそうだが、
自然の中でやったら本当に最高だろうな、と思いました。

腰につけるヒップスカートもメダルが「シャンシャン」って鳴ってゴージャスだし、
スカーフを使って踊るのも天女になった気分でした。
(小さいころ母のストールとかを出して一人で部屋で踊ってたことを思い出した。
ベリーダンスはそれくらい無邪気に踊ってもなにしてもOK!みたいなところが気軽でまたまた楽しい)





レッスン後はお茶タイムがあってみんなでおしゃべり。
いろんな方が来ていてお話面白かったし、
理香さんの話も感激だった。



さらにはそのお教室は理香さんの前自宅。
あの「シンプルシック」や「おしゃれマタニティ」に掲載されてる写真お宅です!!



「あーーーーこのバスルームのシンクはあれではなかですか!この下にウリちゃん(理香さんの娘さん)のベビーバスがあったんだよね」

とか

「あーーーこのキッチンのダウンライトはシンプルシックに書かれていたリフォーム業者を仰天させたやつだ」


とか


マニアックですが、それらの本を読まれた方ならこの感激を分かっていただけるでしょう。





とにかく、楽しかったです。



また次の機会に参加したいと思います。

今度妊婦のお友達に「おしゃれ~」シリーズをプレゼントしようと思っていたのでサインしてもらいます。



やっぱり願ったことは叶うんだな、
って実感しました。


さらにレッスン一緒になった方と帰ったのですがこの方も素敵な方で。

出会いに感謝です。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-17 00:20 | 美ママへの道

6万回の食事

「人って60歳までの間に6万回しかご飯食べれないんだね。
そう思うと良質でおいしいものを食べたくなって来た。
毎回の食事を大切にしたいね。
あっちんと二人でおいしいレストランに行きたいな。」

とだんなはんがいきなり言うではあーりませんか。
行きましょう行きましょう。
今度小笠原伯爵邸にあたいを連れてってくんろ、新婚時代みたいに♪

「安いからって適当な食材で適当に食べるより、
ちょっと高くてもよいものを選ぼう!」

あーーーら何が起こったのやら。




生きるということは食べるということです。


食べるということは命をいただくということです。


毎食毎食をありがたくいただきたいと思うようになりました。


まずは。。。あたいはおかしの食べ過ぎを気をつけよう。
過ぎたるは及ばざるがごとし。

100円のお菓子だとしても無駄に食べたらお菓子に失礼じゃ!だよね。







そうそう走水神社に行ってからか、
ありがとうありがとう生活からか、
トイレの神様生活からか、

だんなはんとの関係がかなり好転しております。

ケンカするとキッチンのカレンダーに大きく「ばってん×」
をつけるだんなはん。

ここ何週間か奇跡的にバツはありませんことよ。

おほほほほほほ・・・♪
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-14 13:21 | Oneness

光からのメッセージ

最近呼吸法やらメディテーションやらスペースクリアリングをしている
なにやら怪しそうなあたいです。うふ。

夢にはメッセージがある。
明け方まどろんでいる時間帯はメッセージを受け取りやすいもの。

最近そういう時間を意識しています。

そうしたら、

光からのメッセージを受け取りました!!!

「光を受け取る準備はできているか」

と聞かれたのです。

突然のことだったのでちょっとドキドキしながら

「はい」

と答えました。

自分が光になっていて、
意識のチューブの中をUniverseに向けてぐんぐん上がって行くようでした。





はい、あやしい度数もまたあがりましたね。






他には、

シンクロすることが多くなりました。

ふと見た携帯の時計が

「12:12」

とか

「14:41」

とか。




「あの子最近連絡ないけどどうしてるかなー」

なんて思っていたらメールが。
(2人の友達から)








「ありがとうありがとう」

を口ぐせにしています。



なんでもない時でも
「ありがとう、ありがとう」
と言う。

すると私が苦手とする
「今、ここ」
ということにフォーカスしやすくなり、
何に対しても感謝の気持ちがわいてきて、
今までなら、
「あー車来た。通りにくい。」
なんて思っていたことが、
「どうぞどうぞお通りください。」
とか
「あっ待っててくれて本当にありがとう」
と思える。

何気ない景色も
「あー春になっていろんな花が咲いてきたな。
鳥が鳴いているな。ありがとうありがとう」
と思えるのです。

すべてがありがたく思えます。


あと、トイレの神様。

ご存じでしょうか、
「ウスシュマの明王さまありがとうございます」×3回
「オンクロダノウンジャクソワカ」×3回

使用後にトイレのふたをして唱えます。
とくに大きいときはより気持ちを込めて唱えます。

なかなかこの言葉を覚えられないのでマスキングテープに書いて
ちょうど立った目線に貼っておきました。
(だんなも目にしてると思いますが今のところ何も言ってきませんが)

トイレも毎日掃除するように心がけてます。




断捨離もかなりの勢いで進んでおりまして、
各部屋のすみっこが見えるようになりました。

持っているものを整理して、
棚卸すると、
本当に必要なものはなにか、
ふと買いすぎるときに自分に問えるようになりました。



神様神様ありがとう。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-14 13:16 | Oneness

子どもと一緒にどこ行こう 西湖にキャンプ

4月に入りキャンプシーズン到来!

心の赴くままに行動しようと年初決めた通りの行動をしました。

『土に近いところへ行きたい。木、水、空気、風を感じたい』
と思ったので即決定。

なんでも興味津々の子どもたちとフットワークのよいだんな。
いつもありがとうね。

今回のキャンプ場はこちら。
PICA富士西湖

PICAグループのキャンプ場はキレイだしオシャレだし割引率もよいし。
売店もシャレてるし置いてあるものもパックスナチュロンなどの自然派エコな商品だし。
小さいころ行ったキャンプ場の薄汚れたダサ感は私の中からは完全に払拭されました。
PICAは我が家のホームキャンプリゾートです。
ガルヴィという雑誌の企画でここでは各キャンプメーカーの商品を無料モニターレンタルもできます。
次回は初テントを張る!ってことをしようかと思ってます。


今回は連泊すると金曜日の宿泊は半額という枠で行きました。
(テントサイトだと無料です。私たちはパオという施設だったので無料ではなく半額。)

パオ

まるでモンゴルのパオです!
中はフローリングだし、照明があるし、冷暖房完備なのでキャンプ初心者にはもってこい。
外にはウッドデッキにテーブルセットもついてるし。

f0214425_14411535.jpg



パオの天井は天窓になっているんです。
『星が見えるかも!』
と思いましたが窓の透明度が下がっていたか、
星の輝き度があまりだったかで見えはしませんでした。
でも昼間雲の流れて行く様子が見えてさいこーです。

f0214425_14411590.jpg



このキャンプ場には他に、
テントサイト、
ロッジ、
トレーラーハウス、
の施設がありました。
私たちはテントサイト側のパオにしたのですが(もう一方のサイトは林の中に点在するプライベートな感じ)
他のキャンパーたちの様子がうかがえて
(あの道具使いやすそうだ、あのテントはオシャレだ、とかあぁあそこは昼は手軽にナポリタンか、とか)
楽しかったです。

金曜日の夜おそ~くに到着してデカデカライトをピカーッとつけてもくもくとテントを張り始めたファミリー。
すげー。
こんな暗い中でテント張りとは、上級者だ。

西湖って富士五湖のなかではじみ~な存在だけど、
河口湖や山中湖よりツーリスティックじゃないのがかえってよい。
キャンプや自然を満喫できる。
観光名所やお店やらがあるとついつい寄ってみたくなっちゃってキャンプ場は泊るだけ、みたいになっちゃうから。

今回の我が家のメニュー。
1日目 夜 家から仕込んでシャトルシェフに入れて行ったカレー。
2日目 朝 炊きたてごはんに卵かけ わかめスープ はっさくとりんご
     昼 あさりと春野菜のパスタ 
     夜 焼き肉 焼きそば
3日目 朝 ホットドッグ 焼き芋 フルーツ

もっといろいろつくりたいんだけど、
小さい子供がいる中だとなかなか準備に時間がかけられないし、
材料が増えると運搬や保管も大変だし、
手軽でおいしく食べれるってのが中心です。
大人数だったりしたらまた新たな楽しみがあるんですけどね。
ちょっと作りすぎると結局作った私が一番食べる、責任つーか、もったいねー根性で。
作り手の性です。

でもキャンプしてると散歩したり食事作ったり水運んだりとか、
『まさに労働!』
って感じで体を自然に動かすのでみーんなおいしく食べれる。

ちょっとこの季節だとまだ寒くって作ったそばから冷めてくし、
子どもは熱いものを熱いうちには食べれず暖かいものを食べて体を温めるってことができず、
体がどんどん冷えちゃうので食事はほとんどパオの中でした。

火起こし担当カルシファーだんなはん。
これは相当楽しいらしくはまって、
2日目には焚火バケツをレンタルして焚火もしました。

f0214425_14411571.jpg


薪も買ったけどどうせなら、と焚き木拾いにも行きました。
これも楽しい。
ちょっとしたことが楽しいキャンプですわ。
かーちゃんは山へ芝刈りに、と。

そして焼き芋のおいしいこと!!
このホクホク感は家じゃあ出せないな~。
キャンプの醍醐味です。

f0214425_14411538.jpg



焚火があるなら・・・と
マシュマロ焦がしを作ったのにマイファミリーには不評でほとんだあたいが食べたぞ、と。
あたたかくてトロっとしてて焦げた部分がカラメルっぽくておいしいのに。。
ひとつ失敗して焚火の中にマシュマロを落としたら、
あれよあれよという間にものすごい膨れ上がって焦げました。
マシュマロって膨らむんだ。

子どもたちは火をこれほど間近で見ることはそうそうないのでとてもよい機会となりました。
はるも火っつーもんはあちゅいぜよ、と分かったようでむやみやたらには近づかなくなり、
身を持って自然とは、を感じたようです。
火のある生活って大切だね!
うちはガスキッチンだけどそれほど子どもたちは『火』を身近に感じてないと思います。

自然の中ですごしていると『おてんと様』のすごさが身を持って分かります。
太陽が出ている間って本当に明るい、暖かい。
日が沈むとなんっもできません。
ランタンなどはあってもあの太陽の輝きには及ばず。
太陽さまのありがたさです。

火のありがたさも分かります。
闇の中を照らしてくれる。
暖かく冷えた体を包んでくれる。
薪の燃えるパチパチした音の心地よいこと。
食材を柔らかく温かく変化させてご飯にしてくれる。

食事を作るにしても、
『お湯を温めるのにもこれほどの薪を使うのか!!(驚愕)』
というように自然に物事の摂理を理解できます。
だから食べ物も料理の仕方によっては本当に贅沢品です。
おごっつぉおはハレの日にしか作らないのがふつーです。
なのに今の生活は毎日がどれほどおごっつぉおを食べてるか感じました。
パスタをゆでるのにお湯を用意したけどそれがどれほど時間かかるかっていうのを実感。
家だとガスコンロで強火で10分くらいすれば湧いちゃうもんね。

私たちの中にある太古の昔の記憶を呼び覚ましてくれます。
自然とともに生きていたんだよな、って。

だから陽が沈んだら労働は終了!おつかれサマンサ!
日中動いとけよって。
陽が沈んだら明日に回せよ、闇夜で動いても大したことできないよ、ってね。

最近ネガティブなエネルギーを受けたくなくて家であまりテレビを見なくなりました、私。
以前はやっぱりどうしてもついついつけてしまっていたんだけど、
ここ数カ月あまり見ない生活です。
NEWSから流れる悲惨な事件事故、
ネガティブな言葉、
人々の混乱、
あれもこれもとアピールし続けるコマーシャル、
どれも体が自然と『聞きたくないっ。』と言っていたのでなるべくやめるようにしました。
子どもも『ママ、「○○」だって』と子どもが使わない悲しい単語を言うので。

それもあってか今回のキャンプで当然TVなんてないのですが、
情報をシャットアウトしても全然平気な自分を発見しました。

去年2回キャンプに行ったときは、
『えーっとテレビテレビと。あ”ここはテレビないんだった。
あーあの番組今やってるな。』
なんて情報を求め時報代わりにテレビを見たがってた自分がいたのですが。

キャンプに来たら夜は早く寝て朝は早く起きる!
これに限ります。

子どもたちがまだ寝てる間にそ~と起きだして湖に散歩に行きました。

そして瞑想。

グラウンディング。

湖の上を水蒸気が柱状に上がって行って、
湖の中心へスーーーと集まる様子が見れました。
あの中には水の精霊たちがいたね。

f0214425_1441153.jpg


神様、おてんと様、精霊たち、天使たち、自然のすべて、Dear Universe、
ありがとう。

最高の朝でした。

帰りには富士浅間神社に寄りました。
あの太郎杉と夫婦杉に会いたくて。
ここは幹線道路に面しているのですが参道に入るといきなり空気が違います。
まさにスピリチュアルスエリアです。


f0214425_14411518.jpg



太郎杉。

f0214425_14411567.jpg



グラウンディング。
まさにこれがグラウンディグ。
木をいっぱい触って来ました。
やさしく力強いパワーでした。

f0214425_14411575.jpg



f0214425_14411530.jpg

[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-05 14:41 | 子供と一緒にどこ行こう

夫婦円満の・・

先日たまたま見ていたら江原さんが出ていた。
夫婦のための神社、横須賀の走水神社を紹介していました。

『これは!』
という思いがありさっそく行ってきました夫婦で。
3月の年度末までめちゃめちゃ多忙だったのですが4月に入りお休みが取れたのです、
だんなはん。

私の急な思い立ちにもフットワークが軽いんです。
いつもありがとーーー。

f0214425_1436690.jpg


この神社は日本武尊がこの三浦半島から房総半島に渡ろうとしたとき嵐が起きて海を渡れなかった。
そのとき妻の弟橘媛(おとたちばなひめ)が入水して嵐を鎮めたという伝説から建立された神社です。

弟橘媛の入水するときの絵が女性としての強さ美しさがにじみ出ていて感動しました。

神社からの海の眺め。
f0214425_1436656.jpg


神社のそばの食堂に入りました。
だんなはんあなごドン。
味付け絶妙でおいしい。
私は地のものタコ刺身定食。
タコってゆでたのばかりしか食べたことなかったけどお刺身もイケるんですね。
f0214425_1436633.jpg


帰りは葉山まで足を伸ばしプリンで有名なレストランマーロウへ。

f0214425_143672.jpg


おいしいお土産となりました。
f0214425_1436723.jpg


子どもが生まれてからデートなんて全然できなかったからとても素敵な一日でした。
夫婦円満祈願をしたからかなんとなくいい方向に進んでる気がします(祈願後4日ですけど)
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-05 14:36 | あたしのおでかけ

子どもと一緒にどこ行こう 勝浦朝市~房総花摘み

春になりどこか遠出をしたくなりました。

日本三大朝市の勝浦へれっつらごー。
いきなり予定より大幅に出発が遅れ朝市に到着したころには昼市。

でも新鮮な海産物がいっぱい。
この時期の春わかめ、ひじきなど購入。

f0214425_14333686.jpg


春の海
f0214425_14333666.jpg


はるくんの海
f0214425_14333662.jpg


この後波打ち際に近づきすぎてあかりを助け出そうとしたところ引っ張りすぎてこけさせてしまった。。

房総の春と言えば花摘み。
f0214425_14333635.jpg

f0214425_14333628.jpg

[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-04-05 14:33 | 子供と一緒にどこ行こう

豊かさのBE・DO・HAVE

f0214425_1621645.jpg


最近読んだ本。

豊かになるためのものすごいヒントがあります。



お金持ちになるためには、

お金を持つことでもなく、

物を所有することでもない。



お金に愛される人になるべし。




お金が似合う存在になり、

お金が天から降ってきて、

物やことを所有できる。



なるほど。




普通は逆から行ってしまいますね。

お金を持って、
お金を使って、
お金持ちに見えるって。


いわゆる成金という存在ではお金が逃げて行ってしまうそうです。
お金も人を選びます。



そして自分に許可する。

お金を持っている自分に許可を出す。

100万とか200万とかはした金?!ではなく、
1000億とか、無尽蔵に。

自分で枠を決めない。





イロイロとてもヒントになりました。




まずは、
ちょくちょく美容院へ行こうと決めました。
最近は伸ばしっぱなし、
しばりっぱなしでいいやーってなってたので。

美容院っていってもご近所のではなく、
青山とか表参道あたりのサロンに!

ボイトレや起業勉強会でちょこちょこ都内には出ることが多くなったし都合好し子。





カフェのウェイトレスさんにサーブされたら、

『すんまそん、えらいすんまそん』(ペコペコ)

ではなく、

『ありがとう』(優雅な微笑み、NOTペコペコ)

という返しをしたいと思いました。





よい本と巡り合わせていただき神様今日もありがとう。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-03-31 16:02 | 美ママへの道

同じくらいのエネルギーで

骨折により動けなかった期間、
『この日々を無駄にはすごすまい』
という思いがふつふつとあり、
せっせとおうちのデトックスしてました。

我が家は3LDKなのですが、
普段まったくもって使用していない部屋が2部屋もある。

そして大概のそういうお部屋ちゃんは荷物がどんどん置かれて、
窓も開けずにほこりがたまる・・・と。

でさっそくお片づけ&お掃除。

神様は部屋の四隅にいるというではないですか。

ふきふきしてあげましょう。

世間では『断捨離』(だんしゃり)って言葉が流行るほど。

ええあたくしも断捨離いたしますですわ。

暗かった部屋がどんどん明るくなり、
『おーーこげなものそういや持ってたわい』
などという発見もあり、
『おーーーこげなものをなぜ後生大切に吾輩は持っておったのかの』
と反省したり。

捨てるって気持ちがよいのでついついエスカレート。
だんなのものまでポンポン捨てようとしましたが、
ちょっと考えてだんな箱に入れました。

ここで気づきが。

捨てるなら、なぜあなたはこれを所有したのか。
所有するときと同じくらいのエネルギーを持ってして
別離を決めたものたちに感謝をしなくてはいけない。

次に所有するものに対しては本当に必要かを吟味の上
所有するように。

お掃除って本当に気持ち良い!
ぞうきんがけ大好きだわ。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-03-31 16:00 | 美ママへの道

人生初の・・・

骨折です。

笑ってやってください。
ジョギングで疲労骨折です。

朝早生活、ジョギングで36歳にしてものすごい心地よさを感じていたのもつかの間・・・

36歳にして初めての骨折です。

それも、『ぐきっ』といったわけでなく、気が付いたら骨折していた。
かかとが痛いな~と思っていたら日増しに痛くなり、
あれよあれよという間に腫れあがる。

これはおかしい、と整形外科へ。
レントゲンとを撮るも原因が分からない。
しかし腫れ過ぎている。

っつーことでお茶の水の専門医までMRIを受けに行く。

MRIって初めてだったのですが、もんんのすごい音がするんですね。
クラッシック調の流れるヘッドホンをされ
『防音のためです』
と言われた意味が分からずだったのですが、
始まってみて分かりました。

がっちゃんがっちゃん、
どっしんどっしん、
とかお餅つきみたいなリズムで音がして、
びーーーーーとかいきなり鳴るし。

そしてもんんのすごい時間かかる。
レントゲンみたいに、
『はいっ』
ってわけにはいかないんですねあれMRIってやっつぁあ。

30分くらいかかったでしょうか。

だんだんそのもんんのすごい音にも慣れてきたころ、
あまりの退屈さに眠くなってきた。
そしてよくある寝入りばなの
『がくっ』
っていうどこか高いところから落ちるような感覚に襲われ動いてしまった。

『○○さんあと少しですから動かないでください』
とヘッドホンから容赦なくスタッフの声。

『はいはい分かりました~』
と思いつつもまた眠りに落ちる私。






そのMRI写真を持ってまた整形外科へ行きましたよ。

先生はその写真を見るなり、


『うわっ』







それとっても不安になりますのでやめてください。





『あーーー骨折です。それも広範囲に渡って骨がぐしゃっと』





まじっすか。






かかとから土ふまずにかけて、
外側の骨は大丈夫だけど中の柱状になっている部分がぐしゃっと行ってるらしい。
正確には『骨挫傷』(こつざしょう)

若かりし頃から外反母趾気味でつま先に体重をかけないようかかと体重の歩き方のくせ。
あわないシューズを履いていた(ランニングシューズでなくスケッチャーズのタウン用)
走った路面が悪かった(アスファルト)
5年間に及ぶ妊娠出産授乳の繰り返しにより相当骨が弱っていた。

という理由からみたいです。

一時はギプスをしていたのですが、
先週後半くらいからずいぶんよくなり普通に生活しています。

あーーーージョギングとても楽しかったんだけどな。

私にはやっぱり水泳みたいです。
この際ヨガも始めてみますか。
最近読んだ本から影響受けてベリーダンスにも興味あります。



でもこの骨折には私に大きな気づきを与えてくれまして、
ちょっと人生の節目になりそうです。
[PR]
# by sukoyaka-achu | 2010-03-29 15:22 | 美ママへの道
カテゴリ
全体
徒然日記
美ママへの道
子供と一緒にどこ行こう
CINEMA
良妻賢母
心の栄養
あたしのおでかけ
はじめまして
こどもたち
季節の声
起業への道
Oneness
未分類
以前の記事
以前のブログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧